湘南にない白い砂浜と透き通った海




夏の湘南と言えば「江の島」や「サザンビーチ茅ヶ崎」で海水浴でしょうか。
ところが初めて湘南の海を訪れた方は、黒い砂浜と濁った海に落胆します。
自分の思っていた南の島の様なイメージが崩れ去る訳です。
波が高い事があるのでサーファーの方には良い場所だと思いますが。
湘南は綺麗な海を見たい人が来る場所ではありません。
綺麗な海を見たい方は、あと100Km以上西へ行けば素晴らしい場所があります。




伊豆の下田市にある白浜海岸の動画です。

白い砂浜と青い海は素晴らしいです。
波が荒くなりやすい事と生き物が少ない事が欠点です。
波が荒いと砂が舞って透明度が低くなります。
浜から離れて沖へ行けば透明度が高くなります。




伊豆の下田市にある九十浜海水浴場の動画です。

白浜海岸の近くにあります。
狭いですが、白浜海岸と同じような白い砂浜があります。
また浜が囲まれている地形のため、波が白浜海岸よりも穏やかです。
更に岩場には生き物がたくさんいます。
子供を連れて行くなら、白浜海岸よりも九十浜海水浴場です。
サーフィンをするなら白浜海岸でしょう。




南伊豆町のヒリゾ浜の動画です。

伊豆半島の最南端にあるヒリゾ浜は本州でもっとも透明度の高い海と言われています。
そして最北端のサンゴの生息地やイソギンチャク、様々な生き物達を見る事ができシュノーケリングやダイビングで人気の場所です。
透明度の高い海の秘密は近隣に大きな川が無く土砂が流れて来ない事、更に陸路が繋がっておらず船でしか行けない場所なので観光客を制限出来ることです。
ヒリゾ浜の海はまるで南の島に来たかのような透明で熱帯魚や様々な生き物を見る事ができます。
南伊豆町の中木の港で駐車料金1000円と船の渡賃1000円でヒリゾ浜へ行くことができます。

ヒリゾ浜へ入るにあたり注意する事があります。
まずゴミを持ち帰ること。
生き物や石などを持ち帰らないこと。(見つかったら漁業権により告訴されます。)
海には毒を持っていたり棘があったり指を食いちぎるアゴを持っていたり危険な生物がたくさんいます。
子供に網などを持たせて安易に生物に触れ機会をあたえると大惨事につながります。
岩場で流れが速い場所が多く怪我をするので長袖のラッシュガードや手袋、マリンシューズなどを着用した方がいいです。
バーベキューと犬の立ち入り禁止です。
また波が早く流されるため足ヒレなどのシュノーケリングの装備一式を準備した方が安全です。




トガイ浜

トガイ浜はヒリゾ浜よりも透明度が低く、生き物が少ないです。
ですが、こちらはヒリゾ浜より人が少なく、自由度が高くて、犬も入れて徒歩で行けます。
犬を釣れている方やバーベキューをしたい方はトガイ浜の方がいいでしょう。

(C) 2014 湘南の海だぜ!写真館!