湘南国際マラソンでドローンが墜落




2014年11月3日に湘南国際マラソンが開催されました。
湘南国際マラソンは大磯から江の島までの湘南の海沿いの西湘バイパスと国道134号線を走る大会です。
ハーフマラソンのコースでは茅ヶ崎港が折り返し地点です。
フルマラソンでは江ノ島が折り返し地点になり西湘バイパス二宮ICまで引き換えして、更に折り返して大磯に戻ります。
今年で第9回目となり高低差の少ない海岸沿いを走るマラソンとして地域にも定着しました。
そんな湘南国際マラソンのスタート直後の9時10分頃に事件は起きました。
大会がコマーシャル撮影のために飛ばしていた空撮用のドローンが墜落してスタッフが軽い怪我をしました。
空撮用のドローンはマルチコプターと言われる複数の小口径ローターで飛行する無人のラジコンでした。
普通ラジコンヘリは大きいローターが接触すると大けがをしますが、マルチコプターの小口径ローターは小さいので軽い怪我で済みます。
ただ、この空撮用のドローンは大きさが1.3メートル重さが4Kgもある大型のものでした。
もしも人間に直撃していたら大変な事になったかもしれませんが。
今回は運がよくかすっただけでした。

この動画の13分17秒に墜落したドローンが一瞬映っています。
画面奥のピンクの服と黒い服の間に落ちます。



(C) 2015 湘南の海だぜ!写真館!